普通免許の費用について

に当たらない訳があるか!

そして実弾である矢とは違う為、その追尾能力は極めて高い。彼女の跳んだ方向へ減速どころか速度を上げて迫るブリッド。

方向変換して速度が上がるなんて本当に意味がわからないな、我ながら。

必中するっていうのも、今の所弓と同じ感覚でやってるから当たるんだという曖昧なもの。はっきりした確信なんかは無い。魔法はまだまだ僕にとって未知の代物だよ。

自慢の大剣で高速で飛来するブリッドを何と斬りつけるソフィア。恐ろしい。あの速さで放った矢でさえ、彼女の反応を超えられないのか。やはり、近距離は無い。

しかし、さっきの連射ブリッドで追尾についてある程度推測できていたとはいえ、いきなりで切り払って見せるかね。天才か。

それでも今度の結果は……。<a href=”http://www.shoessresult.com/68100000-olyt6-9.html” title=”ナイキ ウーブン”>ナイキ ウーブン</a>

「きゃあああああああ!」

彼女らしからぬ悲鳴で爆発に吹き飛ばされた。良し! いける!

「ソフィア!? 何だこの威力は……逸らせ、ぬ!!」

ランサーも防御用に張った盾のような障壁を砕かれて子供の身を爆風に飛ばされた。こっちもダメージになるようだ。言っておくけど、手は休めないからな!! 下手に攻守交替されたら今度は何が起こるかわかったもんじゃない!

「ちょ、御剣!? あいつ何か強くなってるわよ!?」

「我もそう思う! 思うが、これはどうにも……。まさか、あ奴は女神から呪いでもかけられておったのか!? 有り得んだろう、幾らなんでも異界からわざわざ召んだ存在を呪う神などおるわけがない! そんな条件で召ばれる馬鹿もおるわけがない!!」

爆風を期待して火を選択したのは正解だったか? 戸惑いで動けずにいるようにも見えるけど、そんな検証、今はいらない!

今度は僕が相性の良い、もっと威力の上がる水で行く。これで無力化できるならそれで霧の門を開ける!

「また来る! この威力の攻撃魔法を制約無しで連射!? 何てインチキ!!」

僕の魔力の収束を察知したのか、ソフィアから警戒感に満ちた声が漏れた。最後のは理不尽に対する愚痴か。愚痴なら僕の方が遥かに言いたいんだよ! 女神に虐待されてんだよ、こっちは!

「ソフィア、剣の力を我に戻せ! 火属性の攻撃魔術なら我が何とかする! 奴の魔術の間隙に乗じて一気に決めろ!」

ランサーの言葉に首肯したソフィアが彼の傍に向かう。丁度良い、二人同じ場所にいるなら狙いも楽だ。手間が省けるよ! 受ける心算だっていうなら、こっちだって力重視で……!
<a href=”http://www.shoessresult.com” title=”http://www.shoessresult.com”>http://www.shoessresult.com</a>
「い、け!!」

先と同じ間隔で二連射する。明らかに、火の時よりも速く強いのがわかる。爆発は、期待できないが上手く付近を氷結でもさせてくれれば相手はさらに動き難くなるだろう。そうなれば、僕はより有利に事を運べる。

「相反する属性に変換!? 一人で!? ええい、どこまでも規格外な。だが馬鹿め、水に属性を変えたなら有利は我らにある!」

ソフィアの剣から魔力に似た何かがランサーに流れ込んでいくのがわかる。あの剣、竜にまつわる大層な剣だったのか? た、立ちくらみが……。

そんなやばいものでよくも人を斬ろうとしてくれたな。

ランサーの前方に先ほどより力強さのある青い盾が生まれる。まさか、水属性? あいつも巴みたいに複数の属性持ちの竜なのか、しかも水?

青い矢が青い盾にぶつかる。同じ属性でぶつかると、どうなる? まさか一方的に打ち消されたりは……。

『な!』

驚きの声は僕とランサー。

二本の青の矢は、同色の盾に当たり動きを止めた、ように見えた。でもそれは一瞬で、矢はすり抜ける様にゆっくりと盾を通過し始めた。青い盾は僕の

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>