不倫後1年…また脅されています

が何か、ということよりも先ず街の中にある警備も厳重な屋敷の中でこうなった理由だな。

こうして氏が治療を受けているということはコトはもう終わっていることなのだろうし。

「おお、ライドウ殿。それにハザル殿も。薬は、できましたかな?」

いやに弱弱しいレンブラントさんの言葉。

[ここに]<a href=”http://www.shoessreception.info/sandals-lzv-6.html” title=”アディダス 壁紙”>アディダス 壁紙</a>

もう恐ろしくてハザルなんぞに薬を持たせられなかったので僕が持っていた。

「これは一体、何事です!」

青年は焦ったように氏に言葉を投げる。

だが氏は首を力なく横に振るばかり。話せない、というよりもどう話していいか悩んでいるという様子だ。

尚も質問を続けようとする隣の青年を僕は制止し、彼が落ち着くのを待つ。

しばらくの静寂。

そこにはレンブラントさんの腕の治療の音だけがしていた。

その音も止む。

「失礼した。時間をくれて少し落ち着けた」

表情は未だ平素の彼ではない。まだ平常心ではないんだろう。

余程のことが起こったか。

余程、か。それを言うならレンブラントさんが腕から派手な出血をしているシーンで既に大変な事態のはず。

なのに、僕は感情のバランスが取れている。異世界に”慣れた”ということなんだろうか。

同道したハザルは悲鳴をあげた。人でなく魔物と馴染んでいる内に感覚がずれてきたのかもしれないな。

っと。今はそんなことよりも現状だよ。

考えられることとしては、病気の3人が何者かに浚われた、とかだろうか。

死んでないのなら、緊急ではあるがまだ救いようはあるだろう。

いつの間にか僕は彼にかなり感情移入している。

助けない、協力しないという考えが思い浮かばないくらいには。

執事さんが目まぐるしい状況を目で詫びる。だが、これは責められるものでもないと考えていた僕は無言で頷くだけで済ませていた。

「秘薬を、執事のモリスが届けてくれた時のことだ」

氏はもう二つの薬の到着を祈りながらも静かに待っていた、と語った。

場所は先ほど通り過ぎた甘い匂いの廊下の奥。なるほど、あの先に病人がいたわけか。

「妻の寝室から音がしたのだ」

[音、ですか?]<a href=”http://www.shoessreception.info/女性の靴-lzv-5.html” title=”アディダス ブーツ”>アディダス ブーツ</a>

「ああ、毛布でも跳ね上げたのだろうと思った」

随分な病人だな。てっきり意識も絶え絶えに病床に臥しているのだろうと思っていたのだが。

怪訝な顔をしている、と雰囲気で察したのか彼が力の無い苦笑いを浮かべた。

これはよくないな。絶望している。

「発作でね。時々ものすごい力で暴れることがあったんだ。もっとも、最近はそれさえも出来ぬほど、精々がうなり声程度だったんだ。だから私もあまり気にしなかったのだが」

……うなり声?病人が?

「そうか、症状はあまり話していなかったね。発症したときはね、ただの発熱のようなものだと思っていた。だが…」

徐々に様子がおかしいことに気づいたのだそうだ。水と光を恐れ、時々正気を無くしては暴れて部屋を壊すようになった。狂犬病にかかった犬の症例みたく聞こえるけど……。

そして美しかった毛髪も抜け落ちて、瞳が爛々と紅く輝きを帯びた。

……もはや、面影もないほど、に、と。

どこの外道だ。と思った。

怒りを置き去りにして殺気が湧きそうになったほどだった。

そんな自分の惨状を正気にかえって直視した本人たちは泣き絶望し、そして夫に親に謝罪したのだそうだ。

そうして闘病が始まり、だが精神は少しずつ磨耗し、最近死を望むようになったらしい。

恐らく、僕ならばムリだ。

こんな風に話せないだろう。間違いなく、相手をその依頼者を、そしてその家族にいたるまで、殺し尽くしてやると考
<a href=”http://www.shoessreception.info” title=”http://www.shoessreception.info”>http://www.shoessreception.info</a>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>